• 妊婦さん・お子さん連れで一緒に通院できる交通事故治療専門 整骨院

  • 完全予約制 TEL 092-609-9473

むちうち は早期治療が大切です

「首も何ともないし、大げさ」「特に首に違和感はないし…」「そんな大事故でもなかったから大丈夫だろう」と思っていませんか?交通事故を起こした直後は脳や体は興奮状態にあり、痛みを感じない人が多くいます。そのまま放っておくと、後々、首の痛み、しびれ、頭痛、慢性的な肩こり、吐き気、めまい、倦怠感、感覚異常などの症状があらわれ、保険による治療がしづらくなります。また個人差がありますが、数日後から数週間後に上記のような症状が出ることもあります。事故を起こしたら数日以内になるべく早く病院を受診し、レントゲンやCT、MRIなどの精密検査を行うことをおすすめします。病院での検査後、速やかに当院にご連絡ください。カウンセリング、保険会社との連絡、治療のプランを通して、利用者様にとってベストな方法でサポートいたします。

交通事故治療 保険適用で負担0円
交通事故にあったときにしてはいけない4つのポイント

交通事故にあった直後は、誰もが気が動転してしまい、その場の雰囲気にのまれてしまいます。そんな場合は、極力冷静になり、適正な手順を踏む必要があります。まずは、以下の4つのポイントに注意しておきましょう。このポイントを押さえておくことで、今後の対応もしやすくなります。

してはいけないポイント その1 事故現場で示談交渉はしないこと

事故が起きた際に、その場で示談交渉を始めてしまうケースがあります。これは絶対にしてはいけないことです。当事者同士で物事を進めてしまうと、後で思わぬトラブルになる可能性があるからです。まずはすぐに警察を呼びましょう。その後の対応は、交通事故対応の専門家である当院にご連絡ください。

してはいけないポイント その2 相手の言い分をそのまま認めないこと

気が動転しているときに、思わず申し訳ない気持ちから、相手の言い分をそのまま認めてしまうケースがよくあります。特に100%の非を認めることで、その後の対応が非常にまずくなる恐れがあります。そうならないようにするためには、交通事故対応の専門家などを仲介してやり取りをすることが大切です。

してはいけないポイント3 その場で約束はしないこと

事故が起きた際に、その場で示談交渉を始めてしまうケースがあります。これは絶対にしてはいけないことです。当事者同士で物事を進めてしまうと、後で思わぬトラブルになる可能性があるからです。まずはすぐに警察を呼びましょう。その後の対応は、交通事故対応の専門家である当院にご連絡ください。

してはいけないポイント その4 その場で署名にサインすること

気が動転しているときに、思わず申し訳ない気持ちから、相手の言い分をそのまま認めてしまうケースがよくあります。特に100%の非を認めることで、その後の対応が非常にまずくなる恐れがあります。そうならないようにするためには、交通事故対応の専門家などを仲介してやり取りをすることが大切です。

交通事故後直後の対応について

すぐに負傷者を救護します

すぐに負傷者を救護します

事故が起きたら、そのままの状態では危険なため、まずは負傷者の安全を確保しましょう。場合によっては、交通の渋滞が起きる前に、三角掲示板や発煙筒などで後続の車に事故を知らせる必要があります。
二次被害を防ぐためにも、必ず安全を確保しつつ負傷者の対応をしてください。

警察に連絡する

警察に連絡する

事故の直後で気が動転するかもしれませんが、まずは警察に連絡してください。軽い事故だからといって、安易な対応をとってはいけません。また警察に届け出ないと、交通事故の証明書が発行されないため、後で大きなトラブルを招くことになりかねません。相手が警察抜きで示談交渉を求めてきても必ず拒否してください。

ワンポイント かすや整骨院からのアドバイス

相手が警察に届けないように言ってきても決して応じないことです。例え軽い事故であっても警察に連絡するようにしましょう。また、証拠保全のために、スマートフォンなどで、事故現場の状況・車両等の破損部分・相手の車のナンバーを記録・相手の名刺などを記録しておくことも大切です。できれば、相手の免許証の提示を求めて、確認を取っておくことも必要になります。

保険会社に連絡する

保険会社に連絡する

保険会社早いうちに保険会社に連絡しないと賠償を受けられなくケースもあります。まずは保険会社に連絡して、事故の状況と、事故によって出た症状などを伝えましょう。保険会社とのやり取りが不安な場合は、交通事故の専門家である かすや整骨院 にご相談ください。

ワンポイント かすや整骨院からのアドバイス

保険会社に連絡しやり取りする過程で、色々な疑問や納得いかない事も多々あると思います。例えば、過失割合によっては保険会社から「保険証を提示しての治療」との指示が出る場合があります。そうなると施術可能な範囲に制限が出るので、「後遺症の予防」までアプローチすることができません。そのような場合は、まずは かすや整骨院 に相談してみましょう。こちらで保険会社と交渉を行います。
また、最適なアドバイス等もすることができるので、ぜひサポートさせてください。

病院に行き必ず精密検査を受ける

病院に行き必ず精密検査を受ける

事故直後には脳や体は興奮状態にあるため、痛みを感じにくくなっています。ですが、数日後に頭痛や目眩、むちうち、慢性的な方の痛みなどの症状が突然あらわれることがあります。例え見た目に変化がなくても、必ず病院に行き、精密検査を受けてください。また、診察にかかった費用の領収書をキチンと保管することも大切です。

ワンポイント かすや整骨院からのアドバイス

診断書の内容によっては、ケガの程度を保険会社に十分に考慮してもらえず、治療の期間を短縮される恐れがあります。当院では、累計1500件を超えるアドバイスを行っております。
病院へ通院される前に、まずは かすや整骨院にご相談ください。

かすや整骨院に通院する

病院に通うことになると、待ち時間が長くなったり、お子様連れや妊婦さんの方だと、他の患者さんの目が気になる方が多いと思います。まずは、当院までご連絡ください。保険会社とのやり取りや患者様にとってベストな方法をご提案することができます。

営業時間スケジュール

親身になってサポートさせていただきます。

交通事故のむちうち・リハビリなら 妊婦・子連れOK 交通事故治療専門 かすや整骨院 完全予約制 092-609-9473

タップするだけで簡単に電話が繋がります

交通事故対応について よくあるご質問

初めて事故にあいました。どのような手続きをしたらよいのでしょうか?

まずは、かすや整骨院にお越しください。私への事故状況、通院状況、お体の状態の説明していただき、保険会社へ「当院で治療を受ける」との連絡をいたします(言い回しの文言はアドバイスします)。その後、治療を継続して受けていただくことになります。

保険会社とのやりとりが苦手で…。対応してくれますか?

これまでに10年間の施術家人生で延べ1500件以上の交渉実績があります。交通事故によって受ける精神的な負担の軽減も治療の一部だと思っているので、全面的にサポートしています。まずは かすや整骨院にご相談いただければ、お客様にとってベストな方法をご提示することができます。
また、ご相談の受付やアドバイス等しているので、何でもご質問ください。

保険会社から健康保険証での治療を進められましたが…。どうしたら良いでしょうか?

交通事故の場合は健康保険の適用はできません。過失割合によっては保険会社から「保険証を提示しての治療」との指示が出る場合がありますが、そうなると施術可能な範囲に制限がでます。そうなると「後遺症の予防」までアプローチすることができません。「保険証を提示してほしい」との指示が出た場合には、私が保険会社と交渉を行うので事前にご相談ください。

交通事故にあった場合の対処を出来る限り詳細に教えてほしいのですが…。

目立った傷がなければまずかすや整骨院にご相談ください。ケガの重症度はドクターが記載する「診断書」の内容によって決まります。診断書の内容によってはケガの程度を保険会社に十分に考慮してもらえず、治療期間の短縮を提示されてしまいます。ケガの程度を正当に判断してもらう為にも「診断書に記載してもらう内容」は治療を行う上で最も重要になるので、「診察の時にどの様な事を伝える必要があるのか」そのノウハウを知ってもらってから病院に行ってもらいたいからです。多くの方がこのノウハウを知らずに診断書を発行されているから、治療期間を短縮され損をしているのが現状です。
まずは当院までご相談ください。親身になってアドバイスさせていただきます。